Adventurer3の制御4.1

ファイル転送時の誤り検出のアルゴリズムについて、その後もググって調べていたところ、正解だと思われるものがヒットした。

ハッシュ計算ツール - LAZE SOFTWARE
各種ハッシュアルゴリズムを使用し、ハッシュ値(メッセージダイジェスト)を計算します。HMAC方式のハッシュ値も計算できます。

このサイトで「G1」を入力したところ「crc-32b」の結果が、想定してた値と一致した。
ちなみに、上記のようなページはほかにも結構あり、phpに組み込まれているハッシュ関数の結果を出しているらしいということが分かった。

巡回冗長検査のWikiには「crc-32b」がなかったので、前回までには、調べきれなかった。

そこで、改めて「crc-32b」についての情報を集め、プログラムを作成したところ、一部ちょっとおかしいかな?と思うところもあったが、ファイル転送及び転送したファイルの出力を開始することができた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました