モニターの購入-ThinkVision T23d-10

新しいモニターを購入。

今まで持っていたのは、2006年に買ったDELL 2407WFP、24インチ WUXGA(1920×1200)。
壊れたら買おう買おうと思っていたのだけど、モニター自体には問題なく使えるため、ここまで来てしまった。
モニターについているUSB HUB機能はとっくに壊れているのだけど。

使用にはまだ問題なかったのだけど、バックライトにCCFLを使っているためか消費電力が高く、とにかく熱くなる。
手で触った感触でいうと40~50度ぐらいか。

経過年数もあり、ここで新しいものを購入することにした。

購入条件は、24インチ近傍サイズのWUXGA。
コーディング等に使いたいため、縦方向のドットがあるほうが良いかなと思っているため。
解像度がWUXGAのものは、FHDが1万円台からあるのに比べ、最低価格が3万からとちょっとお高めなのが多かったのだが、24インチ以下のものを探してみたところ、Lenovoが1万円台で出しているのが分かり、購入した。

購入したのは、ThinkVision T23d-10で、割引とかクーポンとかありの、送料、税込みで\17,556-(2021/6/末)で購入することができた。(2021/7/初旬には\20,790-に戻っていた。)
22.5インチなので、ちょっと小さいかなとは思ったのだけど。

ThinkVision T23d-10 (22.5インチ) | Office | レノボジャパン
22.5 型ワイド In-Plane Switching WLED 液晶モニター 狭額縁デザインを採用しており、複数枚を並べて表示しても快適 最大 1920x1200 の解像度(推奨解像度に同じ)、最大 1,677 万色カラー対応 DisplayPort、HDMI および、アナログ入力インターフェース搭載 HDCP 機...

箱と梱包物はこんな感じ。

モニター本体、スタンド、VGAケーブル、DisplayPortケーブル、ACケーブル。

2407WFPと大きさを比べてみるとこんな感じ。

正面から見た感じとしては、やはり少し小さい。
あとLEDバックライトのせいか、本体も薄くなっている。

接続して1時間ほど使ってみてからモニターを触っても熱くないので、やっぱいいなと感じる。

設置してみて1つだけ不満があった。
それはディスプレイの高さ。

接地面から表示エリア下までの高さが、最小9cmまで下げることができない。DELLの方は5cmまで下げることができる。
その差4cmなんだけど、モニターを見下ろす感じに配置するのが好きなので、ちょっともやもやする感じがする。
そのうち慣れるのか?

画質等は、ThinkVision T23d-10のほうがいい。
DELLの方になれてしまったためか、初めの方は色温度高めかなと感じていたのだけど、慣れればそうでないかもしれない。

後、画面を接写したのが以下の画面。


これがDELL。


こっちがレノボ。

DELLは経年劣化のため液晶前のパネルがちょっと曇っているのか、ちょっとだけカスミがかかった感じがしている。対してレノボはくっきりといった感じ。
ただレノボの方がドットとドットの隙間が結構空いているような感じがする。普通に見た感じでは問題ないのだけど。

全体としては、いい買い物だと思う。

今後のDELLは、壊れるまでサブモニターとして使っていく予定。
廃棄予定はないが、DELLよ今までありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました